レッツ消費者金融

消費者金融のデメリット

カードローンやキャッシングなどの消費者金融は、審査が簡単でとてもお金が借りやすく、いつでもお金を借りる事が出来るというメリットがあります。
しかし、デメリットがあるという事も事実です。

 

消費者金融でお金を借りる際のデメリット

 

1つめは、銀行系の融資よりも金利が高い事です。
利息は、高い所で18%にもなる所があるので、お金を借りる際は金利にも十分に気をつけましょう。
審査が少し厳しい所は、金利が比較的安い傾向にあり、審査が簡単な所ほど金利が高い傾向があるようです。

 

2つめは、簡単にお金を借りる事が出来るので、毎月返済し忘れる人が多いようです。
銀行系では、指定した口座から引き落とされますので、給与振込の口座と同じ口座にしておけば、返済し忘れる事はまずないでしょう。
しかし、消費者金融では毎月返済額を振り込まなければなりません。
毎月、利息分以上振り込まないとさらに利息が増えるので十分注意しましょう。

 

3つ目は、悪徳業者に十分注意する事です。
法律で利息の上限が決められ、年利18%までになりました。
借り入れの上限も、年収の1/3までに制限されました。
ただし、銀行の提携会社ならその制限の対象外です。
法律で決められたとはいえ、それ以上の金利をつける悪徳業者もあるので、消費者金融のどの会社でお金を借りるかは、十分に検討してください。


このような悪徳業者や多重債務について、現在ではとても大きな社会問題になっています。
一つ、強くお願いしたいのは、消費者金融などで借り入れを利用する際は、事前に綿密な計画を練るようにしてください。
借り入れは自己責任のうえになりたちます。
くれぐれも無理な計画はたてずに、慎重に行動しましょう。